読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanaritxt’s blog

思考をぽつぽつ置いておくところです。

文フリ東京に参加します1階C−63 「別れ」と越境がテーマの短編集「平行線別離」#平行線別離

はじめまして。あるいはお久しぶりです。お元気ですか。

 

無事に新刊ができあがり、ようやく文フリ東京に参加できそうです。

「別れ」をテーマにした新作短編集『平行線別離』(文庫版56ページ)500円です。ワンコイン。

印刷が上手くいっていたらいいな。

こんな感じです。ハッシュタグは、#平行線別離

f:id:sanaritxt:20170502201843j:plainf:id:sanaritxt:20170502201902j:plain

 

ぜひお越しくださいね!

 

今日から試読に少し解説を添えて記事にしていきます。

目次も記しますので、なにか気にして頂けたら嬉しいです。

会場での試読も、そしてブースC-63をよろしくお願いいたします!

 

そして、川柳と俳句と短歌の冊子『柳句歌談』現在制作中です。

無料配布もなにか考えたいところ、なんとかしたい……。 

 

また巡り合うために同じ世界を生きて行く「平行線別離」

 今までに、何かとお別れしてきましたか。

 

そこにあるなにかを、緩和、癒すために。

本書がその一冊になったらいいなと思いました。

 

別れのあることが当たり前の世界を、見知らぬ誰かと一緒に、いつか交われる距離感の平行線として進んでいく。

それがお互いにできるのならば、またた交わることもあるでしょう。
分断ではなく、境界を境界と見ないことが、越えていくことなのではないかと。

 

いや、そんな難しいのではなくて、短編集です。

 

目次

・まえがき

 ・文字や文章についての雑感(二〇一六年ウェブ掲載 先ほど修正 十七年四月)

sanary.hatenablog.com

 

・木陰の告白(短編 先ほど書き下ろし 未発表「花」 十七年四月)

・給水塔の空(短編 先ほど書き下ろし 三〇〇字ショート改訂「氷」初出一七年二月)

・消えないほくろ(短編 先ほど書き下ろし 三〇〇字ショート改訂「飾る」初出一七年三月)

・紅造花世界(くれないぞうかせかい)(短編 先ほど書き下ろし 未発表一七年四月)

・残像オフィス(長編 第一章 部分 先ほど修正 十七年二月)

・あとがき

 

短編の試読も掲載していきます。

おたのしみに!