読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanaritxt’s blog

思考をぽつぽつ置いておくところです。

俳句と300字短編「給水塔の空」(オリジナル)

小説 俳句 短編 企画参加

「Tw300字SS」さま(@Tw300ss)の短編ショートショート掲載企画に参加します。

 

先行して、ツイッター俳句企画 「せつない句会」さま(@setsunaikukai) へ投句した俳句があります。

その際の様子はこちら(ツイートへのリンクです)

https://twitter.com/setunaikukai/status/827532307183525889

 

春立ちぬ給水塔の空ひとつ / りんた

 

この句を作る素、のようなものを、今回の300字SSに記しました。

第二十九回、お題は「氷」でした。氷雨、氷河、氷菓など、様々な氷のある光景がテーマです。

お題ツイートの詳細はこちらです(同じくツイートへのリンクです)

https://twitter.com/tw300ss/status/827759043821268992

 

私の短編はここからです。

お読みいただけたら嬉しいです。

 

給水塔の空

「じゃあ、またね」
朽ちた給水タンクの中の、丸く切り抜かれた水面に、肩を寄せる二人の姿が映る。背後の青空が霞んで、ぼんやりと春が来ている。花と土の匂いが微かに漂い、蜂が通り過ぎた。鍵の壊れたタンクの蓋を閉めると二人はひとり一人になる。梯子を降りて別れた。数年、ここで一緒にいたのに、今夜からは田舎と都会に別れる。
その夜は急に冷え込んだ。二人の夢をみた。唇から白い息が漏れて朝になる。隠れて給水塔へ向かった。
冷たいタンクの肌に触れる。壊れた蓋を開けた。そこに二人の姿はない。水面すらもない。薄ら歪んだ氷が張って、いくつも亀裂が入って自分の姿すら形にならない。空がほの白い。

この空はいつも変わらずに一つだ。

 @TxtSana

#Twitter300字ss

 

とても遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!